お客様のこえお客様のこえ
  • お客様のこえ

    カーラちゃん

    宮城県 H.U.様

    犬心 糖&脂コントロール

    血液検査の数値で心配になり犬心さんのフードをお勧めされました。最初の内は尿失禁や胃腸のトラブルなどもあり担当の方に相談しながらフードの種類を定期的に見直しをしながら続けました。

    2種類を試しはじめて、良い状態がキープ出来ています

    今は糖&脂コントロールで様子見です。様子を見ながらまたフードは相談して変えるかもしれませんが、美味しく食べているので安心して続けられそうです。

    お客様のこえ
  • お客様のこえ

    チョコちゃん

    埼玉県 H.T.様

    低たんぱくバランス

    手術をして以来、ずっと療法食でしたがフードが油っぽいせいかお腹の不調を繰り返し、メーカーを度々変えました。 療法食フードで落ち着いていましたが、歳を取るにつれて血液検査の結果が良くなく、さりとて療法食フードはやめられず、このままではどうしたら良いか分からず、ネットでこちらのフードにたどり着きました。

    頂いたパンフレットの通りで、低タンパクフードを試してみました。一年後に健康診断をしたところ、先生に驚かれました。

    いつもぐったりと寝ていたのですが、やはり検査の結果通り身体が楽になってイキイキとしてきた気がします。

    今まで食べていたフードで落ち着きませんでしたが、、犬心さんに出会えてチョコはきっと長生きできると思います。

    本当にありがとうございました!

    お客様のこえ
  • お客様のこえ

    セナちゃん

    神奈川県 K.K.様

    低たんぱくバランス

    セナは季節により、痒みが出て、お薬を飲むことはありましたが、ほんとうに、病気もなく元気な子だったので、油断をしてしまったのでしょうか まだまだ元気でいてくれると思っていた14歳。

    2020.10頃から、排尿に不具合が出てきたり、下痢になってしまったり、病院に相談しながらも、すぐに異常を見つけてあげることができませんでした。尿が出なくなり、具合が悪くなってしまい、後ろ足も麻痺した為、病院を変更。尿を出し、カテーテルを装着し、なんとか危機を脱しましたが、食欲が落ち、初めは無理にでも食べ物を少しづつ与えていました..(食べたくないものを、無理に食べさせようとするのがこんなに辛いものかと思いました) 

    お薬や点滴で治療を続けるうちに、好きな鶏肉などを少しづつ食べるようになり、体を支え、前足だけでのお散歩もできるようになってきました。

    お散歩の後に便が出る事が多いのですが、偏った食事の為か、便が下痢状になってしまい、毎回お風呂場のシャワーでお尻を洗ってあげなくてはいけない状態が続き、体が不自由なセナに、大変な思いをさせることに

    先生に相談すると、「ドッグフードなども食べれるといいのだけれどね」とのお話でした。うちのセナはドックフード嫌いで、元気な時もすぐに飽きてしまい、ドックフードを食べさせるのが大変な子でした。もちろん、今まであげていたドッグフードをあげてみても、食べてはくれません。そんな時、たまたま知人から、うちの子は犬心さんのドッグフードでほんとうに助かったとの話を聞き、藁にでもすがる思いというのでしょうか   

    犬心さんに連絡を取り、試供品を試させてもらうことに(まず犬の状態を確認されてからの提供に、他のドッグフードとは違うみたい・・  と感じました…)

    試供品が届き、そのまま一粒をあげてみると・・なんと口に入れてくれたのです!・・が固かったからか、口から出てきてしまいました。でも、これで期待が持て、自分でもちょっとかじってみました。ワンコはどんなドッグフードが好きなのかなと確認したくなったのです。

    セナが口にしてくれた事が、ほんとうに嬉しかったのです!

    そして、お湯でふやかしてからあげることにしたら、舐めとるように食べてくれたのです!最初は、5g・・・そして10g….20g….25g・・.40gと増えていきました。朝夕12回・・・すると、しばらくしたら大きなふかふかのうんちをしてくれたのです。もう嬉しくて嬉しくて・・・そしてほんとうに助かりました!! 食べることで、元気も出てきたように見え、大好きなお散歩も、疲れさせてしまうのではないかと心配していたのですが、安心してさせてあげる事ができました。

    少し体調が落ちた時に、血液検査をしたのですが、先生がちょと不思議がっていました。

    反対にお肉は食べたくない時も、このドッグフードはなんとか食べてくれたので、美味しくて食べてくれているんだなと感じる事ができ、元気な時から、このドッグフードに出会えていたらよかったのに!!と思いました。

    その後、時間の経過の中で、先生から、膀胱のあたりに腫瘍があるかも知れないとの診断を受けましたが、精一杯、一緒に頑張っていこうと思います。

    __________________________________

    エピソードはここまでで・・・もし、ドッグフード嫌いのわんちゃんや、体調がすぐれないわんちゃんがいたら、この犬心さんのドッグフードを伝えてあげたいなと思っています。

    先月の430日にセナは天国に旅立ちましたが、

    犬心さんのドッグフードに出会えたことにほんとうに感謝し、それを伝えたく、ここに書かせていただきました。このドッグフードを犬たちのために、作り続けていっていただきたいなと思います。ありがとうございました。

    お客様のこえ
  • お客様のこえ

    きなみちゃん

    福岡県 Y.S.様

    シニアサポート+犬心 糖&脂コントロール

    去年、命の危険がありすぐに入院しました。無事退院してすぐに犬心さんの糖コントロールを用意していました。いつも残さず食べてくれて食欲旺盛。

    安定しない時期もあったりと不安がちょくちょくありましたが、犬心さんに相談すると直ぐに対応してくれてアドバイスして頂けるので安心しています。

    また、的確にアドバイスして頂けるので更に安心しています。

    いつも私の犬愛が強く、お忙しいのに相談ばかりして申し訳ないばかりです。

    そんな誠実な対応をしていただける犬心さんは名前の通り犬の心を大切に想っているんだなと実感しました。もう1匹お腹の弱い子を飼っていますが、相談時シニアサポート+が良いとの事で食べさせていますが、それからお腹も良好なのか元気いっぱいです!

    最近2匹病院に連れて行く時、かかりつけの先生も検査結果にびっくりしていたので、犬心さんの免疫フードのおかげだと思います。体は体内からですし、悩んでいた歯石も落ちついたことに驚きです。

    犬心さんにはいつも感謝ばかりで、長生きしてもらいたい愛犬家の方には私はおすすめです!

    これからもずっと犬心さんと付き合っていきたいと思います。

    ずっと元気いっぱいで入れるように今後とも宜しくお願いします。

    お客様のこえ
  • お客様のこえ

    りおんちゃん

    徳島県 T.N.様

    犬心 糖&脂コントロール

    数年前までは病気など一切せず、特段フードにも気を付けておりませんでした。肥満には気を付けていましたが、おやつも普通にあげて、一応保存料とか着色料等の添加物には気を付けていました。

    ある日自宅でシャンプーをしていたら左足に小さなぶよぶよしたしこりが・・・。はじめはそんなに気にしませんでしたが、数日でみるみる大きくなり、急いで動物病院に駆け込みました。

    取り切れれば大丈夫との事で、その時に術前の血液検査したのですが、結果を見てびっくりで、結果、膵臓のトラブルと診断されました。

    完全に取り切れずに、これからも様子を見ていこうという判断でした。膵臓トラブルに関しては当面点滴してある一定まで数値は下がりましたが、獣医からは特効薬はないので食事療法しかないと言われ、療養食を色々試しましたが、全く食べず・・・。

    それからも足のしこりの手術は3回目となります。断脚も選択肢として進められましたが、高齢であることもそうですが、なかなか判断できず・・・。

    とにかく何とか食事で安定させてあげたいとの一心で、いろいろサンプルを貰い、試しましたが頑なに食べず

    ネットでも色々サンプル取り寄せましたが、唯一食いついてくれたのが、この犬心でした。一か月ぐらいこのフードを食べさせ、おやつはサツマイモのみ。その後良い状態がキープできており、獣医の先生も驚く始末。

    もう我が家のワンコには欠かせないフードになりました。決してお安くないフードとは思いますが、犬心以外は考えられません。

    相変わらず足のしこりには悩まされていますが、膵臓のトラブルをコントロールできているだけでも本当にラッキーです。いいフードに巡り合いました!

    お客様のこえ
  • お客様のこえ

    モコちゃん

    神奈川県 H.M.様

    犬心 糖&脂コントロール

    高脂血症からの糖尿病 胆泥症 腎臓や肝臓の数値もかなり悪いです
    もともと食に関心がなく気ままに食べたり食べなかったりといった状態でしたが糖尿病になってからはそうもいきません。ふやかして1粒ずつ手で強制給餌しています。今までずっと他社の糖尿病の療養食を食べていましたが犬心さんの糖&脂コントロールを知ってうちの子にピッタリ♪と飛びつきました
    ご飯変わって食べてくれないかな?とちょっと期待しましたがダメでした(笑)まぁそれは想定内……ふやかして同じようにあげればいいやと思っていました。ですがふやかしても柔らかくならない、表面がベトベトになるだけ、形状も細長いのでまとめづらく強制給餌も難しくなりました。う~ん、成分的にはこちらのご飯をあげたいのですが我が子に負担を与えないよう強制給餌に手間取りたくないのでどうしようか迷い中です

    《フード開発責任者より》
    犬心は、他社の市販フードと比べてふやけにくいところがあります。それは「原料・製法の違い」に理由があります。

    一般的な市販フードは、安価で安定して入手しやすいため肉類を含めて「粉末状の原料」を使用します。それら粉状の原料を混ぜ、発泡(膨らませて破裂させるポン菓子のような加工処理)させて仕上げにオイルをコーティングします。このような製法で作られたフードは、ふやかすとすぐに柔らかくなるという性質があります。

    一方で、「犬心」は生肉などの原料をそのまま活用しています。フレッシュな原料をミックスし、ハンバーグのタネのようなものを作り、それを低温でゆっくり乾燥させます。そして、表面から内側までしっかりと身が詰まったフードになっているため、ふやけにくくなっている状況です。品質にこだわっているが故の要素ですが、どうしてもふやけにくい場合は、フードを潰しながらふやかす飼い主様もいらっしゃいます。

    この点は、ご面倒をお掛けしており申し訳ございませんが、ご理解いただければ幸いです。

    お客様のこえ
  • お客様のこえ

    茶太くん

    愛媛県 H.N.様

    犬心 消化器ケア

    ペットショップにいる頃からご飯が合わなくてお腹を壊していたそうです。迎えてからもご飯は毎回完食ですが軟便、タール便の繰り返しで困っていました。ネットで毎日、茶太に合うご飯を探していたところ、消化器系に特化した犬心に出会って、今は散歩が大好きな元気なワンちゃんです。犬心ドッグフードを作って頂いてる皆様に感謝でいっぱいです。

    お客様のこえ
  • お客様のこえ

    イヴちゃん

    東京都 匿名希望 様

    犬心 元気キープ

    当初は出来る範囲での食事改善を目標に食材やフードを選びブラスで冬虫夏草やオメガ3などを与えていました。(人間用のものを体重に合わせて)幸い抗がん剤服用の副作用も大きくは出ず状態をキープしていましたが、この先も続く治療に耐えるためにもドッグフードも更に良さそうな物がないかと探し11月より元気キープに切り替えました。気になる油っぽさもなく味も自然でお湯で柔らかくしても香りも優しい感じでしたので特に問題なく切り替えが出来ました。ワンも初めから警戒する事なく美味しそうにいただいてました。私も味見しましたが自然な味で美味しいと思いました。免疫力を保つには人もワンも食事が大切なのだと改めて実感しました。これからも元気キープと当初からあげていた補助食品とを続けて寿命まで苦しまず少しでも元気をキープし続けて欲しいと願ってます。

    次の注文も出来たら幸いです。これからもよろしくお願いいたします。

    お客様のこえ
  • お客様のこえ

    みるもちゃん

    広島県 T.S.様

    シニアサポート+

    一年程前に病により死にかけて、治療により何とか持ち直しましたが、これから先、膵臓に負担がかからないフ-ドを探し回り、犬心さんにたどりつきました。そこで、シニアサポートを始めました。歯が悪いのでミルサーで細かく砕き、薬を入れて、少しのお湯を混ぜます。太らないよう毎回測りできちんと適正量を測り、体重管理もしています。シニアサポートをあげると、健康便をキープできています。今度低タンパクサポートが出たので、これに切り替えて更に長寿を目指そうと思います。併発した心臓トラブルも小康状態を維持しています。食事は人間も動物も病気を未然に防ぐ為にも大事ですので、もう1匹の2歳のチワワにも、元気なうちから消化器サポートを食べさせています。この子も素晴らしい便が続いており、もうこちらのフ-ドは手放せません。

    お客様のこえ
  • お客様のこえ

    ルピ/エピちゃん

    大阪府 N.T.様

    犬心 糖&脂コントロール

    2020年8月、14歳の愛犬のトイレの回数が増えたことが気になり、検査をしたところ問題が見つかりました。

    病気について調べると、フードのたんぱく質や脂質を抑えると良いとのこと。

    それまでも老犬には中タンパク、低脂質のフードが良いということで、抑えたフードをあげていたのですが、基準をもう少し下げる必要が出てきました。

    ドッグフードイヤイヤ病で、同じフードを2日以上続けて食べてくれないという悩みがあり、5種類のフードを毎日毎食ローテーションしているため、違うフードを探すのは大変!添加物や原材料に不安があるものは絶対にあげたくないので、フードは限られてきます。

    そして、やっと見つけたのがこちらの糖&脂コントロールです。食べてくれるか心配でしたが、食いつきも良く美味しそうに食べてくれています。

    15歳の愛犬も、今でもお薬を飲んでいるのでこのフードはちょうどいいかな?と思ってます。

    8月に始めて注文してまだ数ヵ月ですが、病気と上手に付き合いながら元気いっぱいに過ごしてほしいので、これからも続けていきたいです。

    お客様のこえ

※「お客様からの声」は飼い主さん個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。
※動物薬事法上、「食事による病気の改善」に関する表現が禁止されています。そのため、「お客様からの声」の一部は、ご本人に了承いただいた上で「健康維持」のニュアンスに変更したものが含まれています。

私たちのこだわり

詳しく見る

NEWS and BLOG

ブログ一覧

犬の食手帳

「食手帳」とは?

犬の食手帳

「犬の食手帳」とは、犬の食事について研究していく過程で得た、様々な情報を発信していく「犬の食にまつわる情報マガジン」です。ナチュラル療法食「犬心」の活用法を中心に、病気のワンちゃんはもちろん、健康な子の食事も含めて、「愛犬の食の悩み」を解決に導く情報を発信していきます。 犬の食に精通した専門家が執筆しているため、動物栄養学にもとづく、確かな情報をお届けします。

食手帳一覧