お客様のこえお客様のこえ

【犬心 糖&脂コントロール】に関連した記事を表示しています

  • お客様のこえ

    モコちゃん

    神奈川県 H.M.様

    犬心 糖&脂コントロール

    高脂血症からの糖尿病 胆泥症 腎臓や肝臓の数値もかなり悪いです
    もともと食に関心がなく気ままに食べたり食べなかったりといった状態でしたが糖尿病になってからはそうもいきません。ふやかして1粒ずつ手で強制給餌しています。今までずっと他社の糖尿病の療養食を食べていましたが犬心さんの糖&脂コントロールを知ってうちの子にピッタリ♪と飛びつきました
    ご飯変わって食べてくれないかな?とちょっと期待しましたがダメでした(笑)まぁそれは想定内……ふやかして同じようにあげればいいやと思っていました。ですがふやかしても柔らかくならない、表面がベトベトになるだけ、形状も細長いのでまとめづらく強制給餌も難しくなりました。う~ん、成分的にはこちらのご飯をあげたいのですが我が子に負担を与えないよう強制給餌に手間取りたくないのでどうしようか迷い中です

    《フード開発責任者より》
    犬心は、他社の市販フードと比べてふやけにくいところがあります。それは「原料・製法の違い」に理由があります。

    一般的な市販フードは、安価で安定して入手しやすいため肉類を含めて「粉末状の原料」を使用します。それら粉状の原料を混ぜ、発泡(膨らませて破裂させるポン菓子のような加工処理)させて仕上げにオイルをコーティングします。このような製法で作られたフードは、ふやかすとすぐに柔らかくなるという性質があります。

    一方で、「犬心」は生肉などの原料をそのまま活用しています。フレッシュな原料をミックスし、ハンバーグのタネのようなものを作り、それを低温でゆっくり乾燥させます。そして、表面から内側までしっかりと身が詰まったフードになっているため、ふやけにくくなっている状況です。品質にこだわっているが故の要素ですが、どうしてもふやけにくい場合は、フードを潰しながらふやかす飼い主様もいらっしゃいます。

    この点は、ご面倒をお掛けしており申し訳ございませんが、ご理解いただければ幸いです。

    お客様のこえ
  • お客様のこえ

    ルピ/エピちゃん

    大阪府 N.T.様

    犬心 糖&脂コントロール

    2020年8月、14歳の愛犬のトイレの回数が増えたことが気になり、検査をしたところ問題が見つかりました。

    病気について調べると、フードのたんぱく質や脂質を抑えると良いとのこと。

    それまでも老犬には中タンパク、低脂質のフードが良いということで、抑えたフードをあげていたのですが、基準をもう少し下げる必要が出てきました。

    ドッグフードイヤイヤ病で、同じフードを2日以上続けて食べてくれないという悩みがあり、5種類のフードを毎日毎食ローテーションしているため、違うフードを探すのは大変!添加物や原材料に不安があるものは絶対にあげたくないので、フードは限られてきます。

    そして、やっと見つけたのがこちらの糖&脂コントロールです。食べてくれるか心配でしたが、食いつきも良く美味しそうに食べてくれています。

    15歳の愛犬も、今でもお薬を飲んでいるのでこのフードはちょうどいいかな?と思ってます。

    8月に始めて注文してまだ数ヵ月ですが、病気と上手に付き合いながら元気いっぱいに過ごしてほしいので、これからも続けていきたいです。

    お客様のこえ
  • お客様のこえ

    かんきちくん

    東京都 T.T.様

    犬心 糖&脂コントロール

    2020年7月、動物病院の先生が健康診断は大事ですよ。と言われ初めての健康診断を受けました。血液検査の数値が正常範囲以上の項目があり驚きました。病院の先生が「これ以上の数値だと薬や療養食になるよ」と言われ「糖と脂質を抑える事」と教えてもらい「犬心」さんにたどり着きました。口コミを含め半信半疑で注文しました。

    私自身半年後の検査を見てから口コミを投稿しようと思ってました。検査の結果、病院の先生から花マルをもらいました(笑)フードを変更した事を先生に話したら「そのワンコにとって合わない事もあるけど、かんきち君には合ったんだね。よかったね」と。

    勿論、こちらで購入したフードをメインでしたがワンコ仲間さんからおやつを頂いたりもしました。確かに、犬心さんのフードはお値段もけっして安くはありません。でもお薬飲ませたり療養食になったりを考えたら高くは感じませんでした。

    検査結果を記載しても大丈夫であればお見せしたいです(笑)健康優良犬になりました(笑) ありがとうございました(^^)

    ※動物薬事法上、「食事による病気の改善」に関する表現が禁止されているため、具体的な血液検査の数値については割愛させていただいております。

    お客様のこえ
  • お客様のこえ

    こころちゃん

    神奈川県 M.O.様

    犬心 糖&脂コントロール

    2年前の5月に、診断によりアドレスタンの服用が必要になり、それを機に、今までの手作り食から、完全ドッグフードに切り替えました。しかし、見た目は何ともないように思えていましたが、昨年、尿量が増えて、今度は、しっかりと、管理しなければと、食事にはとても気を付けています。病院で薦められたドッグフードも、お腹が空いているせいかよく食べますが、全部丸飲みで、噛まずに飲み込んでいます。しかし、犬ごころは、小さい粒でも、きちんと噛みます。今のところは検査の結果も、維持できていると言うことで、ホッとしています。何でも食からと言いますが、犬ごころのお陰かと思います。ただ、糖尿病になってからは、間食が出来なくなったのが残念です。

    お客様のこえ
  • お客様のこえ

    リアンちゃん

    愛知県 T.K.様

    犬心 糖&脂コントロール

    2020年2月ちょうど9歳になった頃、水をすごく飲む様になりオシッコの量も半端なく、犬友達に話したら早めに診てもらった方が良いとアドバイスをもらいました。 ずっと食べ物には気をつけて添加物の入って無い物を選んで与えていましたが、より愛犬にあったフードが無いかと探して犬心さんに出会いました。すぐにお願いして食べ始めて1か月過ぎた頃から水を飲む量が前と同じぐらいに戻り体調も良好です。秋になり涼しくなってきたらとても元気な状態を維持出来ています。 これからもお世話になります。

    お客様のこえ
  • お客様のこえ

    ココアくん

    広島県 Y.U.様

    犬心 糖&脂コントロール

    太りやすい体質ではあったんですが、以前より太り気味でやせたほうがよいとお医者様に言われてました。 本気で対処しないまま年月がすぎ、今年の夏、散歩にも行きたがらず、以前にもまして大人しいなと思ってたところ、下痢の症状があったため、病院へ。 先生にかなりお叱りを受け、まずは体力が戻るまで薬の治療と食事療法をすることになりました。 ですが、以前よりかなり好き嫌いがはげしく、病院で購入した療法食は全く口をつけず、ほぼ1週間何も食べないという状態に。これでは体力が落ちてしまうので、病院で販売している療法食はやめ、いろいろとネットで調べて、犬心に辿り着きました。また口にしないかと心配しましたが、最初から食いつきがよく一安心。 まずは1袋購入し、薬での治療を継続。 それから1ヶ月毎に病院で検査してますが、昔のような元気な状態です。 まだまだ正常値の範囲には届いていませんが、薬と療法食で良好な状態を維持できています。 本当に、食事の大切さを実感しました。 正常値になったとしても、犬心さんは継続します!

    お客様のこえ
  • お客様のこえ

    ちゃいちゃん

    静岡県 R.K.様

    犬心 糖&脂コントロール

    3歳の夏、嘔吐が止まらず、吐血までしてしまいました。 フードには気をつかっていたのですが、病院から低脂肪のフードに変えるべきと言われ、必死で何が良いのか探している際に出会ったのが犬心でした。 フードの好き嫌いが激しい子なのでまずはサンプルで試したところ食いつきも良かったのでまとめ買いをしました。 犬心を初めて1年経ちますが、病院でも状態が安定しているねと言われるようになりました!! 当初はただただショックでしたが、今も元気に過ごせているのは犬心のおかげです!

    お客様のこえ
  • お客様のこえ

    ももちゃん

    東京都 S.K.様

    犬心 糖&脂コントロール

    お腹ののエコーを撮ったところ、胆嚢に泥が見つかりました。 他にも健康トラブルがあり、少しでもサポートできないか調べたら犬心のフードに巡りあいました。 これから薬と犬心さんのフードと付き合いながら頑張っていきたいと思います。

    お客様のこえ
  • お客様のこえ

    幸(ゆき)ちゃん

    大阪府 T.O.様

    犬心 糖&脂コントロール

    犬心フードに変えて2ヶ月が経ち、とても良い結果が出ています。 まだ完全ではありませんが、嬉しくてたまりません。 これからも続けて食べさせていきたいと思います。

    お客様のこえ
  • お客様のこえ

    ショウくん

    東京都 Y.F.様

    犬心 糖&脂コントロール

    療法食と、数少ない食材を使った手作り食で日々過ごしていましたが、療法食を食べなくなり、いろいろ調べていたところで犬心さんのフードを知りました。 乾燥肉などが入っていないこと、保存料などが使われていないこと、腸活に良い食材が使われていることなど、私が求めているものに合致するフードであったため、消化器ケアをサンプルではなくすぐに注文しました。お湯でふやかしてあげたらよく食べてくれます。

    以降、今年に入ってから体調が良く、体重の減少も止まり、この夏も早朝お散歩に行くほどに元気になりました。 今回、消化器ケアから糖脂コントロールに変えてみましたが、こちらもお湯でふやかしてあげたらよく食べてくれています。 高齢であり、老衰であれば諦めざるを得なかったのですが、主治医もビックリの回復力でした。最近では、まだまだ長生きできるかも‥と言われています。 療法食を食べなくなった時、他の消化器系のフードも取り寄せたのですが食べず‥今、ショウが生きていられるのは犬心さんのフードのおかげと言っても過言ではないと思っています。

    お客様のこえ

※「お客様からの声」は飼い主さん個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。
※動物薬事法上、「食事による病気の改善」に関する表現が禁止されています。そのため、「お客様からの声」の一部は、ご本人に了承いただいた上で「健康維持」のニュアンスに変更したものが含まれています。

私たちのこだわり

詳しく見る

NEWS and BLOG

ブログ一覧

犬の食手帳

「食手帳」とは?

犬の食手帳

「犬の食手帳」とは、犬の食事について研究していく過程で得た、様々な情報を発信していく「犬の食にまつわる情報マガジン」です。ナチュラル療法食「犬心」の活用法を中心に、病気のワンちゃんはもちろん、健康な子の食事も含めて、「愛犬の食の悩み」を解決に導く情報を発信していきます。 犬の食に精通した専門家が執筆しているため、動物栄養学にもとづく、確かな情報をお届けします。

食手帳一覧