お客様のこえお客様のこえ

【犬心 糖&脂コントロール】に関連した記事を表示しています

  • お客様のこえ

    そらくん

    千葉県 宮沢様

    犬心 糖&脂コントロール

    子犬の時からお腹がゆるく下痢ぎみで、ご飯を食べたあとも嘔吐したりと大変でした。
    お散歩の時はウンチを拾えないので新聞や砂を持ち歩いていました。
    ご飯が合わないのかと何度も変えましたが下痢が治りませんでした。
    病院でみてもらいましたが「健康です」と言われ、生まれつきなのかなと諦めていました。

    そんな時に「犬心消化器ケア」を見つけて、本当にダメもとで購入してみました。食べ始めはウンチが変わらず、またダメかと思いましたが1ヶ月をすぎたぐらいからウンチが掴めるようになりました。嬉しかったです。ご飯だけでこんなにも変わるのかと驚きました。
    市販のものより価格はお高めですが、愛犬の健康にはかえられません。

    これからも続けていきたいと思います。

    お客様のこえ
  • お客様のこえ

    ししまるくん

    大阪府 M.A.様

    犬心 糖&脂コントロール

    2017年の春に健康診断をしてもらったところ、肝臓(ALP)の数値がすごく高く、コレステロールも正常値を少し超えているため、病院の先生からはクッシング症候群の可能性を告げられました。
    利胆剤を1ヶ月服用させて数値が落ち着くか様子をみて、1ヶ月後に再度血液検査をするも数値は改善されずむしろ悪化していました。
    その後ホルモンの検査とエコー検査をし、クッシング症候群で間違いないと診断されました。
    クッシング症候群の場合、経過次第にはなるが3年ほどの寿命だと告げられかなり落ち込みました。薬が合えば長生きできる可能性もあると言われたのですが、薬だけではなく食事療法も重要だとわかり、たどり着いたのが犬心でした。藁にもすがる思いで注文をし、2017年の冬に再検査をしたところ良い状態で嬉しくて泣きました。健康を維持できているのは犬心のおかげだと思っています。

    2020年現在、9歳になったししまるは元気で生きてくれています。
    検査は年に2〜3回おこない、少し正常値から超えることもあるのですが先生からは許容範囲だと言われています。
    犬心と出会えて本当によかったです。
    長生きしてほしいのでこれからもずっと犬心は続けます。

    お客様のこえ
  • お客様のこえ

    ななちゃん

    愛知県 のりのり様

    犬心 糖&脂コントロール

    急にお腹を丸め、嘔吐 血尿 高熱 診断結果 膵炎 点滴加療 内服で改善しましたが、他の肝機能数値は正常値にもかかわらず、アルカリフォスターゼ値が、高値 食欲増進 多水多尿 検査はしませんでしたが ベースに内分泌疾患が、あるのではと医師所見でした。精密検査 内服コントロール 手術を勧められましたが、家族で話し合った結果 住み慣れた我が家で、のんびり暮らさせようという結論にいたりました。犬心さんに、偶然 出会い、家族には、気持ちは、理解できるが、おやつを徹底禁止 犬心さんのみ与え ストレスをできる限り避けた環境飼育で、体重は適正になり、過剰な水分摂取も改善してきてます。また、空腹を訴えますので、犬心さんに水を、いれ、かさ増しして食べさせると、空腹のつらさが軽減するようです。毛づやもよく、便臭なく 当方もたべてみました。オートミールのようで、とても、優しい 味 食感です。

    貴社の熱意を感じました。この、情熱が、たくさんの、ワンちゃんや飼い主様にふりそそぎますように。お値段はあげないでくださいませ。ありがとうございました。

    お客様のこえ
  • お客様のこえ

    りりあちゃん

    神奈川県 R.N.様

    犬心 糖&脂コントロール

    昨年の夏過ぎから脱毛てま薬を飲み始め改善はなく、最近多飲も気になり、昨年からの血液検査では連続、中性脂肪の数値が高い事から元気に過ごしてはいるものの、不安な日々をすごしていました。病院では脱毛症Xと診断されるだけで、不安ばかりが増しネットで色々検索してみると当てはまる事が多く自分ではクッシング症候群ではないかと心配しています。検査はまだなので確定していませんが後悔はしたくないのでまず食事の改善から始めたいと思い犬心のフードをお願いしました。
    最初から食いつきもよく、信頼できるフードに出会えた事で良い方向に少しでも改善していってくれると願いこれからもお世話になるつもりでおります。

    お客様のこえ
  • お客様のこえ

    まろちゃん

    大阪府 S.M.様

    犬心 糖&脂コントロール

    今年の2月、パピーの頃から嘔吐や軟便はよくありましたが、水を飲んだ直後に嘔吐するなど、いつもと明らかに症状が異なるので慌てて夜間診療を受診したところ「膵炎」と診断されました。

    「低脂肪の食事が原則」とのことで、色々と調べたところ消化コントロール重視の療養食と「犬心」の存在を知りました。
    「犬心」は同じ膵炎のワンちゃん達の多くが食べていると知り、早速サンプルを取り寄せて食べさせたところ、とても食いつきがよく、問題なくフードを移行することができました。

    それまで小粒フードだったこともあり、フードをほぼ丸飲みすることに心配もあったのですが、こちらは大きさが不揃いなので、ゆっくり噛んで食べているようです。咀嚼することで膵炎に大敵の消化不良も少ないと思われますし、嫌がらずちゃんと食べてくれますので、これからもずっとお世話になれたな…と思っています。

    お客様のこえ
  • お客様のこえ

    ニコちゃん

    東京都 K.I.様

    犬心 元気キープ犬心 糖&脂コントロール

    数年前、甲状腺機能低下症・高脂血症と診断され、ほぼ同時に肺がんを患い大きな手術をしました。それをきっかけに、それまで生食派だったものを思い切ってやめ、フードを探していたところ、複合している症状では、あちらを立てればこちらが立たずで、まよってしまいました。そのうち、たまたま各症状に特化したフード(犬心)を見つけました。我が家の犬の症状では、異なる2種類のフードになってしまい、どちらか一つにする決心が付かないため、今は、糖質コントロールと元気キープのハーフ&ハーフで与えています。以後、血液検査ではいずれも数値が悪化することなく15歳の誕生日を迎えられました。投薬を続けてはいますが、毎日のフードの力も大きい筈だと、犬心さんを頼りにしてます!

    お客様のこえ
  • お客様のこえ

    マロンちゃん

    埼玉県 A.S.様

    犬心 糖&脂コントロール

    犬心は15才のチワワの子に与えています。胆のうが悪く獣医師さんから低脂肪のフードに切り替えるように勧められましたが、市販のフードは食べが悪く、探した所犬心にたどり着きました。サンプルを与えた所もの凄い勢いで食べる食べる(笑)こんなに喜んで食べるマロン久々に見た気がしました。早速定期便を申し込みました。出会えて良かったフード。ありがとうございます。

    お客様のこえ
  • お客様のこえ

    ちゃん

    神奈川県 M.Y.様

    犬心 糖&脂コントロール

    昨年9月に2歳という若さで糖尿病と診断されフードは低糖質の物を…と言われ病院の療法食を見て意外に添加物が入ってる事に驚きました。
    そんな時に見つけたのが犬心さんです。
    どんなに良くても食べてくれなければ意味がなく、『食いつきチェック用サンプル』は本当にありがたかったです。
    封を開けた瞬間、早く頂戴!と飛びついて来た位、美味しそうに食べてくれました。インスリン注射は欠かせませんがご飯で少しでも血糖値がコントロール出来ればと即、定期コースでお願いし、今も毎食、袋を出すだけで飛びついて来ます。
    良いご縁を頂きありがとうございます。

    お客様のこえ
  • お客様のこえ

    ブッチくん

    兵庫県 M.M.様

    犬心 糖&脂コントロール

    東日本大震災で家をなくしたブッチは、7歳で我が家へやってきました。
    元猟犬だったので、お互いに最初はいろいろと戸惑うこともありましたが、
    こちらでの生活にも慣れてくれて、大切な家族となり、元気に楽しく生活していました。

    でも14歳を超えると、いろいろ不調が出てきました。
    腹痛で悲鳴を上げて痛がるようになり、検査の結果、膵炎という診断を受けました。
    同時に甲状腺機能低下症にもなっていることがわかり、獣医さんからこれまでずっと食べていたフードではなく、療法食に変えることを勧められました。

    獣医さんから勧められて最初に試したフードは、3日ほど食べ続けると嘔吐するようになり中止。
    次のフードを試しながら、自分でも探してみようと思い、出会ったのが犬心でした。

    歯槽膿漏もあるせいか、ドライフードの犬心だけでは食べにくそうですが、ブッチ用に作る野菜スープをかけると、毎食しっかりと完食しています。

    今ではすっかり膵炎の症状は出なくなり、お薬を飲むこともない状態が続いています。
    甲状腺の方はお薬を続けていますが、お薬の量は最初に処方された半分の量で、正常値をキープしています。

    ブッチの健康のため、今は定期購入で届けてもらっています。

    お客様のこえ
  • お客様のこえ

    レオンくん

    埼玉県 H.S.様

    犬心 糖&脂コントロール

    胆泥症の為お薬がかかせず、フード選びにも気を付けています。食べるのが大好きなレオンが突然ご飯を食べなくなり、ネットで胆泥症にいいフードを検索し出会ったのがこちらの『糖&脂コントロール』でした。このフードにして1年ちょっとですが、今も食いつきがよく、1か月に1度のエコー検査でも胆泥が非常にきれいと獣医さんに言われています。お薬は継続していますが、このままきれいな状態が続いてくれるよう、フードもこのまま続けていきたいと思います。

    お客様のこえ

※「お客様からの声」は飼い主さん個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。
※動物薬事法上、「食事による病気の改善」に関する表現が禁止されています。そのため、「お客様からの声」の一部は、ご本人に了承いただいた上で「健康維持」のニュアンスに変更したものが含まれています。

私たちのこだわり

詳しく見る

NEWS and BLOG

ブログ一覧

犬の食手帳

「食手帳」とは?

犬の食手帳

「犬の食手帳」とは、犬の食事について研究していく過程で得た、様々な情報を発信していく「犬の食にまつわる情報マガジン」です。ナチュラル療法食「犬心」の活用法を中心に、病気のワンちゃんはもちろん、健康な子の食事も含めて、「愛犬の食の悩み」を解決に導く情報を発信していきます。 犬の食に精通した専門家が執筆しているため、動物栄養学にもとづく、確かな情報をお届けします。

食手帳一覧