お客様のこえお客様のこえ

【ミニチュアダックス】に関連した記事を表示しています

  • お客様のこえ

    ルピ/エピちゃん

    大阪府 N.T.様

    犬心 糖&脂コントロール

    2020年8月、14歳の愛犬のトイレの回数が増えたことが気になり、検査をしたところ問題が見つかりました。

    病気について調べると、フードのたんぱく質や脂質を抑えると良いとのこと。

    それまでも老犬には中タンパク、低脂質のフードが良いということで、抑えたフードをあげていたのですが、基準をもう少し下げる必要が出てきました。

    ドッグフードイヤイヤ病で、同じフードを2日以上続けて食べてくれないという悩みがあり、5種類のフードを毎日毎食ローテーションしているため、違うフードを探すのは大変!添加物や原材料に不安があるものは絶対にあげたくないので、フードは限られてきます。

    そして、やっと見つけたのがこちらの糖&脂コントロールです。食べてくれるか心配でしたが、食いつきも良く美味しそうに食べてくれています。

    15歳の愛犬も、今でもお薬を飲んでいるのでこのフードはちょうどいいかな?と思ってます。

    8月に始めて注文してまだ数ヵ月ですが、病気と上手に付き合いながら元気いっぱいに過ごしてほしいので、これからも続けていきたいです。

    お客様のこえ
  • お客様のこえ

    ししまるくん

    大阪府 M.A.様

    犬心 糖&脂コントロール

    2017年の春に健康診断をしてもらったところ、肝臓(ALP)の数値がすごく高く、コレステロールも正常値を少し超えているため、病院の先生からはクッシング症候群の可能性を告げられました。
    利胆剤を1ヶ月服用させて数値が落ち着くか様子をみて、1ヶ月後に再度血液検査をするも数値は改善されずむしろ悪化していました。
    その後ホルモンの検査とエコー検査をし、クッシング症候群で間違いないと診断されました。
    クッシング症候群の場合、経過次第にはなるが3年ほどの寿命だと告げられかなり落ち込みました。薬が合えば長生きできる可能性もあると言われたのですが、薬だけではなく食事療法も重要だとわかり、たどり着いたのが犬心でした。藁にもすがる思いで注文をし、2017年の冬に再検査をしたところ良い状態で嬉しくて泣きました。健康を維持できているのは犬心のおかげだと思っています。

    2020年現在、9歳になったししまるは元気で生きてくれています。
    検査は年に2〜3回おこない、少し正常値から超えることもあるのですが先生からは許容範囲だと言われています。
    犬心と出会えて本当によかったです。
    長生きしてほしいのでこれからもずっと犬心は続けます。

    お客様のこえ

※「お客様からの声」は飼い主さん個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。
※動物薬事法上、「食事による病気の改善」に関する表現が禁止されています。そのため、「お客様からの声」の一部は、ご本人に了承いただいた上で「健康維持」のニュアンスに変更したものが含まれています。

私たちのこだわり

詳しく見る

NEWS and BLOG

ブログ一覧

犬の食手帳

「食手帳」とは?

犬の食手帳

「犬の食手帳」とは、犬の食事について研究していく過程で得た、様々な情報を発信していく「犬の食にまつわる情報マガジン」です。ナチュラル療法食「犬心」の活用法を中心に、病気のワンちゃんはもちろん、健康な子の食事も含めて、「愛犬の食の悩み」を解決に導く情報を発信していきます。 犬の食に精通した専門家が執筆しているため、動物栄養学にもとづく、確かな情報をお届けします。

食手帳一覧