犬心フードシリーズ全品欠品のお知らせ

今年8月末、弊社ドライフードの製造委託工場において、同じ建物内事業者からの出火が原因となり、火災事故が発生いたしました。

すでに別拠点において緊急生産を進めておりますが、現在のところ「犬心」ドライフードシリーズ全品(トリーツ・サプリを除く)が欠品となっております。
お客様には、大変なご迷惑をお掛けし誠に申し訳ございません。

今後の対応については、以下の記事にてご説明をしております。
フード工場火災事故に伴う今後の対応について

閉じる

犬心~ブログ~

20207.03Fri

ララ

16歳6ヶ月になるミニチュアダックスフンドです。以前から食べ物には気を使っていてネット等で検索し、良いと言われている商品を次々と与えていました。しかし年のせいもあり「甲状腺機能低下症・肝疾患・腎疾患・食道拡張症・誤嚥性肺炎・膀胱炎・ヘルニア」と病気のデパートのような我が子…。犬心に出会う前は鶏肉や野菜を煮ただけの手作り食を与えていました。手作り食は原料がわかっているので安心ではありますが、栄養バランスのことを考えると少し不安でした。犬心は“人間も食べられる”というところに惹かれ試してみたいと思いました。病気のことも含めどの種類のフードが良いかメールで尋ねたこところ、丁寧なアドバイスを頂き「低たんぱくバランス」を始めました。匂いを嗅ぐとドッグフード特有の嫌な臭いが無く、試しに一粒私も食べてみたところ、優しい素材の味でした。愛犬も食事の時間が楽しみのようで、今も全く飽きずに食べてくれています。そして先日の血液検査にはとても驚かされました。肝臓の数値ALT・ALP・GGTや腎臓値クレアチニン・BUNが良い結果でした。

受診後に嬉しくて思わずマッシュルームデザインさんにメールで報告をしてしまいました。
以前から薬の服用はしていたので、今回のことで改めて食事の大切さを学びました。年齢的に今後どれだけ一緒にいられるかわかりませんが、これからもたっぷりの愛情としっかりした栄養を与えていきたいです。完全に腎臓と肝臓が良くなったら、今度は他の種類も試してみたいです!ありがとうございました♡

私たちのこだわり

詳しく見る

NEWS and BLOG

ブログ一覧

犬の食手帳

「食手帳」とは?

犬の食手帳

「犬の食手帳」とは、犬の食事について研究していく過程で得た、様々な情報を発信していく「犬の食にまつわる情報マガジン」です。ナチュラル療法食「犬心」の活用法を中心に、病気のワンちゃんはもちろん、健康な子の食事も含めて、「愛犬の食の悩み」を解決に導く情報を発信していきます。 犬の食に精通した専門家が執筆しているため、動物栄養学にもとづく、確かな情報をお届けします。

食手帳一覧