犬心フードシリーズ全品欠品のお知らせ

今年8月末、弊社ドライフードの製造委託工場において、同じ建物内事業者からの出火が原因となり、火災事故が発生いたしました。

すでに別拠点において緊急生産を進めておりますが、現在のところ「犬心」ドライフードシリーズ全品(トリーツ・サプリを除く)が欠品となっております。
お客様には、大変なご迷惑をお掛けし誠に申し訳ございません。

今後の対応については、以下の記事にてご説明をしております。
フード工場火災事故に伴う今後の対応について

閉じる

犬心~ブログ~

20219.08Wed

セナ

セナは季節により、痒みが出て、お薬を飲むことはありましたが、ほんとうに、病気もなく元気な子だったので、油断をしてしまったのでしょうか まだまだ元気でいてくれると思っていた14歳。

2020.10頃から、排尿に不具合が出てきたり、下痢になってしまったり、病院に相談しながらも、すぐに異常を見つけてあげることができませんでした。尿が出なくなり、具合が悪くなってしまい、後ろ足も麻痺した為、病院を変更。尿を出し、カテーテルを装着し、なんとか危機を脱しましたが、食欲が落ち、初めは無理にでも食べ物を少しづつ与えていました..(食べたくないものを、無理に食べさせようとするのがこんなに辛いものかと思いました) 

お薬や点滴で治療を続けるうちに、好きな鶏肉などを少しづつ食べるようになり、体を支え、前足だけでのお散歩もできるようになってきました。

お散歩の後に便が出る事が多いのですが、偏った食事の為か、便が下痢状になってしまい、毎回お風呂場のシャワーでお尻を洗ってあげなくてはいけない状態が続き、体が不自由なセナに、大変な思いをさせることに

先生に相談すると、「ドッグフードなども食べれるといいのだけれどね」とのお話でした。うちのセナはドックフード嫌いで、元気な時もすぐに飽きてしまい、ドックフードを食べさせるのが大変な子でした。もちろん、今まであげていたドッグフードをあげてみても、食べてはくれません。そんな時、たまたま知人から、うちの子は犬心さんのドッグフードでほんとうに助かったとの話を聞き、藁にでもすがる思いというのでしょうか   

犬心さんに連絡を取り、試供品を試させてもらうことに(まず犬の状態を確認されてからの提供に、他のドッグフードとは違うみたい・・  と感じました…)

試供品が届き、そのまま一粒をあげてみると・・なんと口に入れてくれたのです!・・が固かったからか、口から出てきてしまいました。でも、これで期待が持て、自分でもちょっとかじってみました。ワンコはどんなドッグフードが好きなのかなと確認したくなったのです。

セナが口にしてくれた事が、ほんとうに嬉しかったのです!

そして、お湯でふやかしてからあげることにしたら、舐めとるように食べてくれたのです!最初は、5g・・・そして10g….20g….25g・・.40gと増えていきました。朝夕12回・・・すると、しばらくしたら大きなふかふかのうんちをしてくれたのです。もう嬉しくて嬉しくて・・・そしてほんとうに助かりました!! 食べることで、元気も出てきたように見え、大好きなお散歩も、疲れさせてしまうのではないかと心配していたのですが、安心してさせてあげる事ができました。

少し体調が落ちた時に、血液検査をしたのですが、先生がちょと不思議がっていました。

反対にお肉は食べたくない時も、このドッグフードはなんとか食べてくれたので、美味しくて食べてくれているんだなと感じる事ができ、元気な時から、このドッグフードに出会えていたらよかったのに!!と思いました。

その後、時間の経過の中で、先生から、膀胱のあたりに腫瘍があるかも知れないとの診断を受けましたが、精一杯、一緒に頑張っていこうと思います。

__________________________________

エピソードはここまでで・・・もし、ドッグフード嫌いのわんちゃんや、体調がすぐれないわんちゃんがいたら、この犬心さんのドッグフードを伝えてあげたいなと思っています。

先月の430日にセナは天国に旅立ちましたが、

犬心さんのドッグフードに出会えたことにほんとうに感謝し、それを伝えたく、ここに書かせていただきました。このドッグフードを犬たちのために、作り続けていっていただきたいなと思います。ありがとうございました。

私たちのこだわり

詳しく見る

NEWS and BLOG

ブログ一覧

犬の食手帳

「食手帳」とは?

犬の食手帳

「犬の食手帳」とは、犬の食事について研究していく過程で得た、様々な情報を発信していく「犬の食にまつわる情報マガジン」です。ナチュラル療法食「犬心」の活用法を中心に、病気のワンちゃんはもちろん、健康な子の食事も含めて、「愛犬の食の悩み」を解決に導く情報を発信していきます。 犬の食に精通した専門家が執筆しているため、動物栄養学にもとづく、確かな情報をお届けします。

食手帳一覧