犬心~INUKOKORO~ > 犬心 全商品一覧 > 犬心~犬種別フードシリーズ > 犬心~LOW FAT DOGS~

ロウファットドッグズロウファットドッグズ

健康を長くキープできる、愛犬に「本当に合うフード」とは?

他のプレミアムフード、犬種別フードとの違い

ロウファットドッグズ
ロウファットドッグズロウファットドッグズ

ロウファットドッグズ犬心 犬種別フード

犬種ごとの先天性をしっかりサポートした上でナチュラル品質にもこだわった、今までにない新発想の犬種別フードです。

脂肪代謝をサポートする、犬種に適した栄養バランス、人も食べられるナチュラル品質

初回限定、お試しサイズ(ドライフフード100g)500円初回限定、お試しサイズ(ドライフフード100g)500円

初回ご購入の方に限り、お試しサイズ(ドライフード100g)を500円(税込/送料無料)でご購入いただけます。事前にワンちゃんの食いつきをご確認ください。

※お試しサイズのみご購入の場合、代引きはご利用いただけません。

カートに入れる
犬心~ロウファットドッグズ~
無料ガイドブック

◀︎ 初回ご注文の方へ
 
無料ガイドブックをお届け

犬種別の栄養特性に関する詳しい解説やワンちゃんへのフードのあげ方、よくあるQ&Aをまとめた専用ガイドブックをお送りしています。

※定期コースのお届けサイクルおよび休止再開は自由に変更できます。

ロウファットドッグズ1袋

まずは単品からお試しされたい方はコチラ

1袋(1kg)2,800円(税込)

カートに入れる

※送料は520円(東北地方へは820円、北海道・沖縄へは1220円を送料として頂戴いたします。) 代引手数料は330円、料金後払い決済手数料は185円です。
※2袋以上ご購入の場合、送料は200円(東北地方へは400円、北海道・沖縄へは800円を送料として頂戴いたします。) 代引き・料金後払い決済手数料は無料です。

対象犬種:プードル・マルチーズ・シーズー・シュナウザー・ピンシャー・グレーハウンド・ビーグル・ウィペット・サモエド・シェルティ・ダルメシアン・ビションフリーゼ・ペキニーズ・ボストンテリア・ドーベルマン対象犬種:プードル・マルチーズ・シーズー・シュナウザー・ピンシャー・グレーハウンド・ビーグル・ウィペット・サモエド・シェルティ・ダルメシアン・ビションフリーゼ・ペキニーズ・ボストンテリア・ドーベルマン

それは、先天的な「脂肪代謝が苦手」という課題です。
私たちは、この新たな発見を反映したドッグフードを開発し、
特許技術として申請しています。

STORY~対象犬種の「脂肪代謝の課題」に気づいた経緯STORY~対象犬種の「脂肪代謝の課題」に気づいた経緯

トイプードル・アズキちゃんの栄養特性

トイプードル・アズキちゃんの栄養特性

弊社スタッフは全員が愛犬家です。
その中で、スタッフの愛犬・トイプードルのアズキちゃん(本Webサイトでも登場)は、健康なのに低脂肪食が好相性。そして、低脂肪が合う傾向は、アズキちゃんだけではなく、他のプードルやマルチーズの共通要素であることがわかってきました。

お客様のワンちゃん達に向き合う日々の中で…

お客様のワンちゃん達に向き合う日々の中で…

犬心シリーズを発売して以来、私たちはワンちゃん達1頭1頭のご相談に向き合い、その子にとってどういう食事が良いか試行錯誤する日々を送っています。その中で、低脂肪食が合うのは、プードル・マルチーズに限らず幅広い犬種に当てはまることに気づきました。

なぜ、低脂肪食が合うのか?

なぜ、低脂肪食が合うのか?

対象犬種では、なぜ低脂肪食が合うのか、個別に調査研究を行いました。その結果、脂肪の消化酵素・リパーゼの活性が弱い等、「脂肪の消化吸収および代謝」に先天的な共通課題が見つかったのです。

脂肪代謝の主な流れ脂肪代謝の主な流れ point

対象犬種では、脂肪消化酵素・リパーゼが弱い等、脂肪の消化&代謝に課題が見られることが判明!これらの犬種は、高脂肪食が合わない!

ご先祖犬&進化プロセスにも照合

対象犬種の由来をひも解くと、
「低脂肪食」との関連が見えてきます。

  • プードル

    ヨーロッパの鴨猟で活躍。鴨肉は飽和脂肪酸が少ないヘルシー肉として知られ、低脂肪食に適合した可能性。

  • マルチーズ・ビションフリーゼ

    古代より地中海(マルタ島がマルチーズの名称由来)で人と共生した犬種。肉より脂が少ない魚を食べていたことが食性に影響?!

  • シーズー-・ペキニーズ

    チベット高原に由来する犬種で、ヤギなど低脂肪肉を食べていたと思われる。

  • シュナウザー・ピンシャ-・ドーベルマン

    ドイツで農場管理やネズミ駆除に活躍した犬種が共通先祖。脂肪分を多くとる機会は無かったと思われる。

  • グレーハウンド・ビーグル・ウィペット

    ウサギ等の小動物狩猟が得意。ウサギ肉は低脂肪。

  • サモエド

    ロシアのシベリア原産。極寒での粗食耐性を備えており、贅沢な高脂肪食が合わないと思われる。

  • シェットランドシープドッグ

    スコットランドの牧羊犬。荒涼とした牧草地で粗食生活をおくり、低脂肪適性を身につけた可能性。

  • ダルメシアン

    クロアチア原産の猟犬・軍用犬。栄養が限られても高い身体能力を維持でき、低脂肪食への適性が高い。

  • ボストンテリア

    1800年頃、アメリカ・ボストン地域で複数犬種のミックスとして誕生。低脂肪食が合う理由は不明。
    *ミックス犬は思わぬ栄養特性を獲得するケースがある。

対象犬種が「高脂肪」or「脂肪の質が悪い」食事を続けると、どのような問題を生じるでしょうか?対象犬種が「高脂肪」or「脂肪の質が悪い」食事を続けると、どのような問題を生じるでしょうか?

対象犬種では、「低脂肪(量)」と共に「良質な脂肪(質)」にもこだわった食事がとても大切!対象犬種では、「低脂肪(量)」と共に「良質な脂肪(質)」にもこだわった食事がとても大切!

つまり!

特許申請 対象犬種の先天的な栄養特性にピッタリ合う特許申請 対象犬種の先天的な栄養特性にピッタリ合う

LOW FAT DOGS

「低脂肪」「良質な脂肪」「脂肪代謝サポート」にこだわった犬種専用プレミアムフード「低脂肪」「良質な脂肪」「脂肪代謝サポート」にこだわった犬種専用プレミアムフード

対象犬種

プードル・マルチーズ・シーズー・シュナウザー・ピンシャー・
グレーハウンド・ビーグル・ウィペット・サモエド・シェルティ・ダルメシアン・
ビションフリーゼ・ペキニーズ・ボストンテリア・ドーベルマン

生まれ持った「脂肪代謝の課題」をケアする3つの特徴生まれ持った「脂肪代謝の課題」をケアする3つの特徴

脂肪代謝以外の2つのプラスα要素も対象犬種に合わせています脂肪代謝以外の2つのプラスα要素も対象犬種に合わせています

  • 総合栄養バランス、腸&免疫力への配慮
    プラスアルファ01、総合栄養バランス、腸&免疫力への配慮

    3大栄養(タンパク質・脂肪・炭水化物)の配合比率をはじめ、ビタミン・ミネラル・アミノ酸まで、全ての必要栄養を過不足なく補えるAAFCO*基準の「総合栄養食」として仕上げています。そして、犬心シリーズに共通する「腸内善玉菌を増やす」「免疫力をキープする」という独自ノウハウを反映させています。 *全米飼料検査官協会(The Association of American Feed Control Officials)の略称で、ペットフードの栄養や原材料、表示に関する基準を公表している国際組織。

  • ポリフェノールの活用(脂肪の酸化対策)
    ポリフェノールの活用(脂肪の酸化対策)

    脂肪は酸化という化学反応が生じやすい成分です。そして、「酸化した脂肪」は、健康被害を引き起こすことで知られています。脂肪代謝が苦手な対象犬種では、特に「酸化した脂肪」のダメージを受けやすい傾向にあります。そこで、「犬心 ロウ・ファット・ドッグズ」では、脂肪などを酸化させないために、ポリフェノールを活用しています。特に、原料の「ブルーベリー茎」は、ブルーベリー実と比べて300倍以上のポリフェノールを含むとされており、対象犬種の健康を維持するカギとなる素材です。

開発者メッセージ開発者メッセージ

主要原料

  • 生牛肉

    北海道産の乳牛…低脂肪で犬に合った種類。
    兵庫県産の和牛…脂身を取り内蔵もバランス良く配合。

  • 生鶏肉

    兵庫県産のひね鶏。

  • 生豚肉

    カナダ産やアルゼンチン産のモモ肉。

  • 生魚

    市場で毎日仕入れ。タラをメインに旬の青魚などを混ぜて活用。

  • 大麦

    アレルギー原因物質「グルテン」量が特別少ないカナダ産大麦。

  • 玄米

    減農薬の国産玄米のみ使用。血糖値上昇を穏やかにしながらエネルギー補給。

  • さつまいも

    国内農家で作ってもらい、直接仕入れ。血糖値に影響を与えにくい、甘みの特別少ない品種を活用。

  • ホエイ

    アミノ酸バランスを整えるタンパク源。

  • 雑節(魚)粉

    長崎産のイワシの干物などを丸ごと活用。食いつきアップとともに「アミノ酸バランス」を整える素材。

  • ココナッツ

    フィリピン産。スーパービタミンEと呼ばれる「δトコトリエノール」を含みオメガ3脂肪酸も含有。

  • 煎りゴマ

    ビタミン・ミネラルをバランス良く含むとともに、健康成分「セサミン」が豊富な原料。

  • 冬虫夏草

    自前工房で製造する最高級の和漢植物。対象犬種に大切な栄養補給をサポートする。

  • ひまわり油

    国内メーカーの食用油。美肌の脂肪成分「オレイン酸」や「ビタミンE」を豊富に含むヘルシーオイル。

  • とうもろこし

    少量でアミノ酸バランスを整え消化性を高める素材。

  • はなびらたけ

    免疫力を強力にキープするβグルカン豊富なキノコ。

  • グレインガム

    食用の種実から抽出した多糖類。フードの形状を整えると共に、腸の健康をサポートする食物繊維としても機能する。

  • ビール酵母

    アミノ酸・ミネラル・ビタミン類等栄養バランスを総合的に補う素材。

  • 乾燥おから

    犬にとって、おからは適量がポイント。企業秘密の配合バランスにより、犬の腸内を整えてくれる素材。

  • LPS(パントエア菌抽出物)

    香川大学で研究がなされ、国際学会で注目を集める免疫成分をドッグフードとして初めて配合。パントエア菌の抽出物として、「花びらたけβグルカン」との相乗効果も報告されている。

  • ブルーベリー茎

    宮崎県産。宮崎大学が研究した新素材であり、ドッグフードへの活用は世界初。血液の流れ・尿路をケアするカギとなる原料。

  • 海藻粉末

    腸の健康に貢献。

  • L-リジン

    犬にとって理想的なアミノ酸バランスを実現するために、人のサプリメント等で使用される粉末を配合。

  • 脱脂粉乳

    アミノ酸バランスを整えるために、少量を配合。良質なカルシウム源ともなる。

  • オリゴ糖

    善玉菌を増やし、腸活に貢献する成分。

  • カルシウム粉末

    人の食品用カルシウムとして使用されている、貝由来のパウダーを配合。

  • DL-メチオニン

    体内の酸性・アルカリ性のバランスを整えると共に、尿路をケアする原料。犬ならではの体質に配慮している。

  • 乳酸菌群

    犬の胃腸と相性の良い菌を厳選配合。

自然そのまま製法

自然を活かし引きだすために、原料ごとに個別の製法をとっています。 例えば、肉・魚は、旬の生ものをミンチにし、低温でじっくり乾燥。穀物は一部のみを炊飯させる独自技術をとっています。

ノンオイルコート&出来立て

多くの市販フードは、形を一定にし、食いつきをよくするために、油で固めて仕上げる製法をとります。しかし、このプロセスが、犬の健康には良くありません。 「犬心」では、オイルコーティングをせず、生パスタのような押し出し製法 で出来たてをお届けしています。

原材料

生肉(牛、鶏、馬、魚肉)、大麦全粒粉、玄米粉、サツマイモ、ホエイ、雑節(魚)粉、ココナッツ、煎りゴマ、冬虫夏草、ひまわり油、とうもろこし、はなびらたけ、グレインガム、ビール酵母、乾燥おから、LPS、ブルーベリー茎、海藻粉末、L-リジン、脱脂粉乳、オリゴ糖、Ca粉末、DL-メチオニン、乳酸菌群

標準成分

325kcal/100g、粗脂肪6%以上、粗繊維8%以下、粗タンパク質24%以上、水分10%以下

対象年齢:月齢5か月~オールステージ対応

賞味期限:18か月(未開封時)

自然のチカラを引き出し活かす自然のチカラを引き出し活かす

犬心は人も食べられる品質でお届けしています

「どの原料を」「どんな割合で」「どのように」仕上げればベストか?10年研究に基づく「厳選・ナチュラル原料」と「黄金比率」、「フレッシュを活かす手作り製法により、「人も食べられる」品質でお届けしています。

本物の商品を届けたいから~Non-use declaration本物の商品を届けたいから~Non-use declaration

「人も食べられるドッグフード」を基準にお届けしています。

  • 食品添加物不使用
  • 酸化防止剤不使用
  • 防腐剤不使用
  • 合成調味料不使用
  • 着色料不使用
  • 肉骨粉不使用
  • オイルコート不使用
  • 香料不使用
  • 肉魚の高温加工禁止
  • 残留農薬なし
  • 乾燥肉不使用
  • 肉副産物不使用
犬心「ロウファットドッグズ」

犬心 LOW FAT DOGS 犬心 ロウ ファット ドッグズ

先天的な「脂肪代謝の課題」をしっかりケア。脂肪の「質」「量」「消化・代謝サポート」にこだわった、低脂肪タイプの総合栄養食

1袋の内容:フード1kg

賞味期限:18か月(未開封時)

「特殊パック」「酸化防止シート」により無添加なのに長期保存を実現しました。開封後は、できれば1か月以内、長くとも2か月以内にご利用ください。開封後の保管については、高温多湿・直射日光を避け、常温(もしくは冷蔵・冷凍)で保管してください。(開封後に使い切るまで1か月以上が経過する場合、あらかじめフードを小分けにし、1か月以上後に使用される分を冷蔵もしくは冷凍で保管いただくことがお勧めです。)

1日の給与量(目安)

  1~3kg 3~5kg 5~10kg 10~18kg 18~27kg 27~36kg 36~45kg
5~8ヶ月 39~88g 88~130g 130~218g 218~339g 339~459g 459~570g 570~674g
9~12ヶ月 33~75g 75~110g 110~185g 185~288g 288~390g 390~484g 484~573g
成犬1~7歳 27~62g 62~91g 91~153g 153~237g 237~321g 321~399g 399~472g
シニア8歳以上 23~53g 53~78g 78~131g 131~203g 203~276g 276~342g 342~404g
  1~3kg 3~5kg 5~10kg 10~18kg
5~8ヶ月 39~88g 88~130g 130~218g 218~339g
9~12ヶ月 33~75g 75~110g 110~185g 185~288g
成犬1~7歳 27~62g 62~91g 91~153g 153~237g
シニア8歳以上 23~53g 53~78g 78~131g 131~203g
  18~27kg 27~36kg 36~45kg
5~8ヶ月 339~459g 459~570g 570~674g
9~12ヶ月 288~390g 390~484g 484~573g
成犬1~7歳 237~321g 321~399g 399~472g
シニア8歳以上 203~276g 276~342g 342~404g

※上記は一般的なカロリー計算からの算出となり、あくまでも目安となります。個々により運動量や代謝などにより異なる為、体調や体重の変化に注意しながら調節してみて下さい。

※成犬の給与量については避妊・去勢済みでの算出となる為、若い成犬で避妊・去勢されてない場合には、上記の給与量より約10%程度多めに与えるのが目安となります。

  • 商品を選ぶ
  • お試しサイズを購入する

私たちのこだわり

詳しく見る

NEWS and BLOG

ブログ一覧

犬の食手帳

「食手帳」とは?

犬の食手帳

「犬の食手帳」とは、犬の食事について研究していく過程で得た、様々な情報を発信していく「犬の食にまつわる情報マガジン」です。ナチュラル療法食「犬心」の活用法を中心に、病気のワンちゃんはもちろん、健康な子の食事も含めて、「愛犬の食の悩み」を解決に導く情報を発信していきます。 犬の食に精通した専門家が執筆しているため、動物栄養学にもとづく、確かな情報をお届けします。

食手帳一覧